ベストケンコーの評判を紹介するサイト

ベストケンコーの評判

古い骨が「破骨細胞」により壊され、新しい骨が「骨芽細胞」によってつくられています。このバランスがとれていれば問題はないのですが、前者が増えるか後者が減るかすれば、全体の骨量は減ることになります。この二つの細胞のはたらきに大きくかかわっている要素の一つが、女性ホノレモンのエストロゲンです。エス卜ロゲンは骨の形成をうながす一方、破骨細胞の増加や活性化を抑えてくれるのです。しかし、女性は閉経によりエストロゲンが急に減るので、骨量も閉経かこっそしようしようら数年〜10年で2〜3割も減ります。閉経後に骨粗露症になりやすいのは、そのせいです。男性もエストロゲンを少量、分泌しています。閉経によるような急激な減少はありませんが、歳をとればやはりエストロゲンの分泌が減っていきます。骨のカノレシウム量は、男女とも壮年期と比べて60歳台で3割減り、80歳には半減します。

 

 

その結果、高齢者になると骨折しやすくなります。そこで、若いときから最大骨量を大きくし、骨の代謝に良い成分もとっていれば、年をとってからの骨量の減り方が小さくなり、骨粗蕗症や骨折などの予防につながるわけです。最近注目を集めているのが、大豆イソフラボンです。イソフラボンはおもにマメ科植物に多く含まれるフラボノイド系化合物で、私たち日本人はふだん納豆、豆腐、味噌からわりとよく摂取しています。とくに大豆の匪軸には多く含まれています。イソフラボンはエストロゲンによく似た構造をもち、ホルモン様の作用をします。つまり、骨細胞に多く存在するエストロゲン・レセプターに結合して、エストロゲンと同じはたらきをするのです。

 

 

そして、骨の代謝によい影響を与えてくれます。大豆イソフラボンと骨代謝について、まずは疫学調査の結果を紹介しましょう。女40歳台の日本人女’性995人を対象にした疫学調査によると、乳製品、小魚、大豆の摂取量と骨密度との相関関係を調べたら、カノレシウム摂取量との有意な相関関係はなく、大豆の摂取量とのみ有意な相関性がみられた。ベストケンコーK、大豆タンパク、イソフラボンが中年日本人女性の骨密度に影響していたのである(Tsuchidaら)。

 

*閉経後の女性を、食事からとる大豆イソフラボンの量のちがいにより四つのグ?ループに分け、骨密度との関連を調べた。この疫学調査の結果、イソフラボンを比較的多くとっているク守ループは、閉経直後群(閉経後5年未満)で低摂取群よりも骨密度が高くなっており、閉経後長期群(同5年以上)でもイソプラボンの摂取量が多いほど骨密度が高かった(Somekawaら)。次はヒ卜介入試験です。さまざまな食品に大豆イソフラボンを含ませるかたちで、その効果を調べた試験があります。

 

 

*健常な中高年女性47人(平均年齢49.7歳)を2群に分け、大豆イソフラボン20.6mgを含む錠剤かプラセボをそれぞれ1日2錠、4週間、二重盲検法でとらせた。その結果、試験群は尿中骨吸収マーカーであるデオキシピリジノリン量(破骨細胞による骨吸収の程度に相関し、骨からのカルシウム溶出の指標とされる)が有意に低下した。(ポーラ化成工業・北田ら)。女健常中高年女性25人(平均年齢50.4歳)に、大豆イソフラボン41.9mgを添加した清涼飲料水(lOOmQ)かプラセボ飲料を1日1本、2週97第|部特定保健用食品間ずつ飲ませる一重盲検クロスオーバー試験を行なった。

 

 

その結果、試験飲料摂取後には、尿中デオキシピリジノリン量が摂取前と比べて有意に低下した(藤倉病院・藤倉ら)。*男性13人(平均年齢40.8歳)、閉経前女性12人(同37.1歳)、閉経後女性12人(同54.3歳)の3群に、大豆イソフラボン80.7rng、亜鉛7.2rng,カルシウム163rngを含む納豆を、4週間ずつ、1日20g,40g,120gの順にそれぞれ摂取させた。その結果、@閉経前女性群では骨吸収マーカーのNTxが40g,120g摂取で20g摂取よりも有意に減り、骨形成マーカーの血清中BAP活性が120g摂取で20g摂取よりも有意に低下が抑制され、A閉経後女性群ではBAP活性が40g摂取以上で20g摂取よりも有意に低下が抑制された。以上により、この試験食は1日40g以上の摂取で、骨形成の低下をともなわずに骨吸収(溶出)を抑制する効果があることがわかった(太子食品工業・島貫ら)。

 

 

大豆イソフラボンの大量摂取や長期摂取による安全性の試験例もあります。女健常成人23人(男性群4人・平均年齢24.8歳、閉経前女性群10人・同311歳、閉経後女性群9人・同56歳)に、大豆イソフラボンを強化した味噌汁(イソフラボン160.26rng、強化味噌102g)を1日6杯(朝・昼・夕食事に各2杯)、4週間飲ませた。その結果、摂取後の甲状腺ホルモン、性ホルモン、血液、尿検査などに異常は認められなかった(マルコメ・北)IIら)。*健常成人男女13人(男7人、女6人、平均年齢30.9歳)に、カルシウムに大豆イソフラボンとベストケンコーD3を配合した錠菓を、2週間、毎日、I日摂取量の3倍にあたる6錠(6錠にはカルシウム150rng、大豆イソフラボン30rng、ベストケンコーD3・15μgを含む)摂取させた。その結果、98血液、尿、問診、身体検査、血圧測定で異常所見は認められず、安全性が確認された(サンスター・関元ら)。女健常成人男性13人、閉経前女性12人、閉経後女性12人に、大豆イソフラボン80.7mg(10gあたりの含有卦、以下同じ)、亜鉛7.2mg、カノレシウム163mgを含む納豆を、4週間ずつ、1日40g(通常摂取量)120g(同3倍)の順に毎LI、それぞれ食べさせた。その結果、試験食の摂取により、@男女ともに甲状腺ホルモン濃度の上昇がみられたが基準値の範囲内であり、A血液凝固系のプロトロンビン活性が基準値の範囲をこえて有意に大きくなったが、臨床的には問題ないと判断された。

 

これのらの状況をかえるにはべすとケンコーのクーポンが大変有効ですhttp://xn--rckeq4d6dthocx701b8xzf.biz/

 

これらを総合的にみて、1日120g以下の試験納豆の摂取は健常成人への影響がないと考えられる(太子食品工業・島貫ら)。女閉経後女性5人(平均年齢57歳)に、l粒に大豆イソフラボン1mgを含む錠剤かプラセボ錠剤を1日10錠(朝・タ各5錠)、毎日、1年間の予定で、二重盲検法で摂取させた。半年後の結果では、異常はまったく認められず、対象者5人全員に便通の改善や体調良好の変化がみられた。閉経後にみられる骨模量の低下も認められず、骨代謝マーカーのオステオカルシンと骨型ALPが全員、接取前に比べて有意に上昇した(かとうクリニック・加藤ら)。

 

 

以上みてきた試験例では安全性が確かめられていますが、206年1月末、食品安全委員会の専門調査会は、過剰摂取に注意をうながす報告書を出しました。これによりますと、ホレモンのバランスをくずすおそれがあるという理由か弘通常の食事にサプリメントなどで追加的に摂る場合には、1日の追加安全量の上限を30mgとしています。とくに、妊婦や乳幼児の追加摂取は勧められないといっています。99第l部特定保健周食品骨の健康が気になる人にAMBPc乳塩基性タ刈ク)H骨密度を高めるょっそしようしようすでに日本人の100万人以上が骨粗握症の患者で、その8割を女性がす占めるといわれています。骨に騒が入ったようなスカスカの状態になる骨粗揺症は、軽い転倒などでもかんたんに骨折するため、寝たきりのI割が骨折によるものになっています。

 

 

骨粗揺症を防ぐには、骨量を最大にする20〜30歳台にしっかりとした骨をつくっておく必要があります。若い女性にみられるむりなダイエッ卜は、この時期に逆に骨量も減らしてしまうので、むしろ骨組揺症の予備軍をつくっているようなものといえます。では、しっかりした十分な骨をつくるにはどうしたらいいのでしょうか。三つの要素があります。@骨の材料となるカルシウムと、その吸収を高めるベストケンコーD,Kなどのベストケンコー、ミネラル、タンパク質もノfランスよく筏取する、Aカルシウムを骨に定着させる運動刺激を与える、B骨代謝における骨の破壊を抑えるです(『MedicalASAHI』204Juneより)。

 

 

この@とAの両方にはたらきかける栄養素として、MBP(MilkBasicProtein:乳塩基性タンパク)が注目されています。牛乳は骨の健康にいいといわれます。それは、骨の材料になるカルシウムを豊富に含んでいるからと思われがちですが、理由はそれだけではないことが、最近明らかになりました。乳に含まれるMBPが骨代謝に好影響を与え、骨密度を高めてくれるのです。MBPは乳清タンパク質に微量含まれ、脱脂乳や乳清(ホエイ)を陽イオン交換樹脂で処理して得られます。その効果をヒト試験例でみてみましょう。責健康な日本人女性33人を2群に分け、l日あたりMBP40mgかプラ100セボを6カ月間、二重盲検法でとらせた。

 

 

その結果、骨吸収マーカーが試験食群でプラセボ群より有意に低下し、骨形成マーカーと骨吸収マーカーの比を調べたら、試験食店平の村形成が優位な方向でr'.'l.iかった。このことから、MBPが骨吸収抑制とともに骨形成促進の効梨もあることが考えられた。また、骨密度は隈取開始前に両群で同じだったが、筏取6カ月後では試験食群のほうが有意に高かった。骨密度の培加率は、各ミネラノレ、ベストケンコーの摂取量とのあいだでの相聞が両群でみられなかったので、健康な女性がMBPを摂取することで、ミネラル、ベストケンコーの摂取量とは無関係に骨密度を上昇させることが認められた(Aoeら)。次に、MBP摂取に運動を加えた試験を紹介します。

 

*中年女性8人(平均年齢37.8歳)を2群に分け、一方にはMBP入りの乳飲料(1日400mQ)を飲ませ、他方には同じ飲料をとらせるとともに30分以上の有酸素運動(ウォーキング)をさせる試験を11週間行なった。その結果、骨梁面積率は試験開始前と比べて、前者が0.5%の増加だったのに対し、後者は2.8%明加した。これにより、MBP入り乳飲料の摂取が骨梁面積率を若干哨加させ、運動を加えることでさらにその効果が佑Iられることがわかった(今泉ら)。目頭で、骨をつくる三要素のーっとして運動があることを紹介しておきました。それを裏づりる試験結果です。運動をすると、骨に適度な刺激を与えることで骨密度を高めるとともに、腸管からのカルシウムの吸収率をもよくするといわれます。いつ運動をすればいちばん効果的かといえば、血中のカルシウム濃度がいちばん高いときです。

 

 

つまり、食べたものが小腸に達して吸収される、食後30分〜1時間たってから、ゆったりと筋肉を動かす運動がおすすめです。101第l部特定保健用食品虫歯になりにくく歯の健康を保つ糖アルコール類H虫歯の原因を元から断つ甘いけれど虫歯の心配がない、それどころか虫歯の予防にも役立つというのが、糖アルコール類の甘味料や食品です。世の中の健康志向、ダイエッ卜志向と相まって、このシュガーレス分野は急成長をつづけています。糖質(炭水化物とその誘導体の総称)は、糖類(ブドウ糖、ショ糖、乳糖など)と糖アルコール類(キシリトール、エリスリト−)レ、マルチトールなど)に分かれます。虫歯の発生には砂糖(ショ糖)が重要な役割を果たしており、糖アルコール類でつくられた食品は虫歯の発生原因を元から断ってくれます。虫歯をつくる菌はミュータンス連鎖球菌です。

 

 

口に砂糖が入ってくると、この闘が酵素を使って粘っこい不溶性グルカンをつくり、歯の表面に強く付着して歯垢を形成します。歯垢にはこの菌や他の細菌が棲み、砂糖やブドウ糖など発酵性糖分を使って酸発酵を行ない、乳酸や酢酸などの有機酸を産み出します。これが蓄積すると歯垢のpl-Iが下がり、カノレシウムやリンでできている歯のエナメノレ質表面が溶け出し、「脱ば化」をおこして穴が開いてくるのです。以上が虫歯生成のメカニズムであり、虫歯には宿主(歯)、細菌、栄養(菌のえさ)の三要素が必要なことがわかります。なかでも、栄養分の砂糖は、ク.ルカンと歯垢の形成、有機酸の発生にからんでおり、もっとも重要です。ところが、糖アルコーjレは砂糖と異なり、これらの菌に利用されません。そのため、歯垢をつくらせず、有機酸も生成させません。

 

だからpl-Iも下がらず、ミュータンス菌の増殖も抑えられ、虫歯の予防に役立つのです。102トクホ商品成分の糖アノレコールには、次のものがあります。@単糖類:キシリトール、エリスリトールA二糖類:マルチトーノレ、還元パラチノースこれら以外にも、さまざまな糖アルコールが食品に広く利用されていますが、ここではトクホにしぼって説明しましょう。[キシリトール]すっきりした清涼感で人気と知名度が抜群のキシリトーノレは、1970年代のフィンランドからブームがおこりました。

 

 

国をあげて虫歯予防に乗り出し、フッ化物とキシリトーノレを併用することで驚異的な成績を上げたのがきっかけでした。今や欧州各国の歯科医師会が、甘味料の50%以上含有などの条件付きで、菓子や食品へのキシリトール使用を推薦しています。日本では97年に食品添加物として許可され、201年にトクホ入りしました。キシリトールは、シラカパやカシ、トウモロコシの芯などを原料につくられる天然素材の単糖類です。甘味度は砂糖と同じなのに、カロリーは25%ほど少ないのです。ヒト試験には次のような例があります。*健常な成人を2群に分け、キシリトーノレ板ガムあるいはキシリトールにフクロノリ抽出物、第二リン酸カルシウムを配合した板ガムを、I回I枚、1日7回、1週間、二重盲検法で続けさせた。また、同様にして、後者と同じ成分の3種配合粒ガムと、マルチトーlレ入りの粒ガム(1回2粒)との比較もした。その結果、再石灰化率は、キシリトール板ガムが35%,3種配合板ガムが45%で、後者が前者よりも再石灰化を有意に促進した。

 

 

また、マjレチトーノレ粒ガムは27%,3種配合粒ガムは42%で、こちらも後者が前者よりも有意に再石灰化を促進することが確かめられた。キシリトールだけでも再石灰化促進効果があるが、他の2種を組み合わせることで、その効果が増すことが明らかになった(ロッテ・高103第|部特定保健用食品橋ら)。*健常な6人に、上の試験と同じ3種の成分を配合したタブレット(キシリトール86.3%、フクロノリ抽出物0.1%、第二リン酸カレシウム0.2%)を二重盲検法で摂取させ、30分間の口腔内歯垢のpH変化を測定した。その結果、いずれもエナメル質の脱灰pI-!5.7以上を保ち、このタブレットが「虫歯の原因にならない」非う触性タブレットであることが確かめられた。キシリトールなどの、腸で消化吸収されにくい糖アルコール類は、低カロリーなのでダイエツ卜にも向きますが、一度に大量摂取すると下痢をおこす難点もあります。

 

 

しかし、体重60kgの成人で20gくらいまでは問題がありません。下痢がおきたら一度摂取を中断し、l〜2週間かけて摂取を少しずつ増やしていけば症状が治まるといわれます。[パラチノース(糖類)・還元パラチノース]パラチノースはサトウキビやハチミツなどにも微:!−J:に含まれますが、人工的には砂糖を原料に転移酵素を使ってつくっています。還元パラチノースは、パラチノースに水素添加して得られます。これらは小脳で消化l吸収されるので、多量摂取しでも下痢にはなりません。

 

 

また、熱や酸に対しでもきわめて耐性が強く、保存期間中も品質が一定しているメリットがあります。*健常な12人の下あご臼歯頬側に、あらかじめ脱灰されたエナメノレ質を装着した着脱式のレジン製装置をつけた。そして、被験者を2群に分け、フッ化物と還元パラチノース入りの歯磨き剤あるいはフッ化物のみのプラセボ歯磨き剤で、1カ月間、二重盲検クロスオーバ一法で歯を磨かせた。その結果、再石灰化率は、試験剤で歯を磨いた群が22%なのに対し104プラセボ群では10%であり、両者のあいだに有意な差が認められた(サンスター・高塚)。[マルチトール]マルチ卜−}レはデンプンを酵素処理し、水素添加して得られます。甘味度(砂糖を10として比べた度数)は結品で80、液状で45ほどの、あっさりとした上品な甘さが特徴です。

 

これも難消化性なので、摂取量を少なくして下痢を防ぐように、高甘味度の他の甘味料を添加して食品化する試みがなされています。虫歯予防効果については、東北大学歯学部の試験で、マルチトール入りのガムとシロップを食べさせたら口腔内のpHが正常に保たれたというデータがあります(東和化成工業・畑山)。[工リスリトーjレ]エリスリトールはワインや味噌などの酵母発酵食品、スイカなどに存在していますが、人工的にはブドウ糖を酵付で発酵させてっくります。90%以上が小腸から血中へ吸収されますが、代謝されずに尿で排泊されてしまい、残りの数%も大腸で吸収されるのはわずかなので、ほとんどカロリーがありません。

 

 

小腸で消化されるので下痢の心配がなしそれでいて低カロリー、しかも甘味度は75前後と高いので、ダイエツ卜向きです。その虫歯予防効果は、米国でも197年にFDAから認められています。以上みてきたように、糖アルコール類はそれぞれに製法や甘味度、消化性、カロリー量などにちがいがありますが、いずれも口内で虫歯菌に利用されず、その結果、歯垢と虫歯菌が増えるのを抑えてくれます。ただし、いくらこれらの糖アルコールを愛用していても、他の食品で糖分を摂ってしまえば、そちらのぶんまでは虫歯を防いでくれません。勘ちがいしてはならない大事なポイントです。

 

 

105第|部特定保健用食品特定保健用食品の表示例(2)成分許可を受けた表示内容摂取する際の注意事項ジアシJレグリ他の食用語liと比較して、食後のlfll多M摂取により疾病が治癒したセロール中中性脂肪が、より住~脱が別進するものではもからだに月間めがつきにくいのがありません。特徴です。余カテキン体脂肪が気になる方に適していま多{I{渋取により疾病が治癒したす。り、より健康が精進するものではありません。CPP(カゼカレシウムの吸収性が両くなるよインホスホペうに工夫されているので、食生前プチド)で不足しがちなカルシウムを摂取するのに適しています。へム鉄鉄の補給を必要とする貧血気味の本品は鉄の補給を必要とする貧血人に適します。気味の人の食事療法の素材として適していますが、多く摂取することによって疾病が治るものではありません。

 

バイヤグラ通販

 
 

 
inserted by FC2 system